自費出版で本を出そう

自費出版とはどのようなシステムなのか

一般的な金額とは

枚数が20枚の本を出したいと思った場合は、8000円前後の価格になります。
数が増えれば、それだけ金額も高くなります。
自費出版する時は、誰に配るかを考えてください。
無駄に本を作ると、お金が無駄になります。
必要な分だけ生産すれば大丈夫でしょう。
また、画像も追加することができます。
分かりやすく伝えるために、画像を使っても良いですね。

10個までなら、無料で画像を追加できるというシステムになっている業者が多いです。
11個からは、500円程度の料金が発生します。
費用を削減したい場合は、ここでも無駄を省いてください。
また画像の大きさが決まっているところも見られます。
既定の大きさを越えている画像は使用できないので確認しましょう。

オプションをつけてみよう

最も安い価格のプランを選択した場合は、カバーがついていないことが多いです。
それでは、満足できない人もいるでしょう。
本屋で販売されている本のように、きちんとカバーがあった方が見栄えが良くなります。
お金に余裕がある場合は、カバーを追加してください。
カバーを追加する時は、オプション料金が発生します。
30000円前後になる企業が多いです。

高額に感じますが、カバーのメリットは見た目が良くなるだけではありません。
本が汚れたり、壊れたりすることを防いでくれます。
自分が作った大事な本なので、簡単に汚い状態になるのは困りますよね。
耐久性を高めたい人にも、カバーを付けることをおすすめしています。
予算を多めに確保してください。


この記事をシェアする